ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011」発表! 受賞した14人を一挙紹介!

12月6日、『日経WOMAN』は今年各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011」を発表した。

ウーマン・オブ・ザ・イヤーとは、
・働く女性のロールモデルを掲示
・組織の中に埋もれがちな個人の業績に光を当てる
・活躍した女性たちを通して時代の変化の矛先をとらえる
という3点の趣旨の元、1999年から毎年実施しているアワードで、今年で12回目を迎える。

今回は、ヒットメーカー部門、キャリアクリエイト部門も含め、計14人が受賞した。

以下、受賞した人物を一挙紹介しよう。


◆ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011◆

■第1位 福島理恵子(39)
東芝
研究開発センターマルチメディアラボラトリー
主任研究員兼エコテクノロジー推進室参事

世界初の裸眼(専用メガネなし)3Dテレビを開発した気鋭の研究者。エンターテインメント分野にイノベーションを起こした。

■第2位 大石亜紀子(34)
スタートトゥデイ
取締役(想像戦略室・フルフィルメント本部担当)

年間売り上げ171億円、日本最大級の通販サイト『ZOZOTOWN』急成長の立役者。同社は2010年東証マザーズで時価総額1位に躍り出た。

■第3位 清水季子(45)
日本銀行 高松支店長

1882年開業の日本銀行128年の歴史で女性初の支店長に就任。高松支店は過去に2人の総裁を輩出した名門支店としても知られる。

■第4位 日置真世(40)
北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター助手・NPO法人地域生活支援ネットワークサロン理事兼事務局顧問

障がい者から子育て中の親、高齢者、若者、生活保護受給者など、福祉を必要とする人もしない人も一緒に集い、生活の中で感じる課題解決に向け行動する拠点として、北海道釧路市に2007年『冬月荘』を設立。"新しい公共"モデルとして全国から注目されている。

■第5位 屋代浩子(45)
フォルシア
代表取締役社長・最高経営責任者

一般的な検索システムの50〜100倍の速さを可能とした、次世代の検索システム『Spook(スプーク)』を開発。
ANAなど大手旅行関連会社7割に導入。

■第6位 五十嵐麻子(47)
飛鳥新社
出版部 第三編集

98歳のアマチュア詩人の詩集『くじけないで』を編集。
3000部売れればヒットと言われる詩集で、異例の75万部を突破させた立役者。

■第7位 青木計世(45)
キューデン・エコソル
常務取締役

九州電力で太陽光発電の新事業を企画、推進。
その後、資本金5億円を投じた子会社設立を実現し、女性社員初の常務取締役に就任。

■第8位 長谷川歩(28)
バンダイ
ボーイズトイ事業部
ホビーチーム

10万個でヒットと言われる玩具市場で、発売半年で100万個を売り上げたミニカーシリーズ『VooV(ブーブ)』の商品開発を担当。

■第9位 熨斗麻起子(38)
中国・深圳
可宝得環保技術有限公司 総経理

22歳で中国に渡り、日本語教師、部品メーカー勤務を経て、飲料水会社の社長に。
中国市場で売り上げを伸ばし、年商1億2000万円、中国人従業員約50人を雇用する会社に成長させた。

■第10位 小林麻美(33)
日本コカ・コーラ
マーケティング本部 ウォーターカテゴリー
ウォーターグループマネジャー

国内最軽量のペットボトルを採用したミネラルウォーター『い・ろ・は・す』のマーケティングと商品開発を担当。
500ml級ペットボトルのミネラルウォーター市場でトップシェアを確立。


・ヒットメーカー部門
■二宮恭子(40)
株式会社ポーラ
商品企画部 課長

高機能化粧品『B.A』シリーズをブランドマネジャーとして開発。10年9月10日の発売から、18日で5品累計34.3億円の売り上げを達成。

■仁平知世(40)
東宝株式会社
映像本部 映画企画部 プロデューサー

企画プロデュースした映画『悪人』が公開10週で興行収入20億円を突破。モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞するなど、世界的にも評価された。


・キャリアクリエイト部門
■白木夏子(29)
株式会社HASUNA
代表取締役

学生時代から貧困問題に関心を持ち続け、日本初の『エシカル・ジュエリー』制作・販売会社を起業。
ビジネスによる国際貢献を実現。

■高橋啓子(42)
米国サンフランシスコのフランス料理店『EL PASEO』
エグゼクティブ・シェフ

28歳で芸能事務所マネジャーから料理の道へ転身。
厳しい男性社会の料理界で技術を磨き、日本人女性シェフで初めてミシュランの1つ星を獲得した。


以上が、男性に引けを取ることなく、功績を納めた14人。
それぞれの紹介文を見るだけで、彼女たちの活躍は一目瞭然といったところ。

社会で活躍する女性が年々増える中、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の注目度は高まり続けるに違いないはずだ。(上田)


関連ニュース
2010年人名検索ワードランキング」発表!! 今年、世間が最も気になったのはアノ人!!
女性が選ぶなりたい顔ランキング」発表!! 今年を象徴するアノ人!!
1位が7人の大混戦!! 『2010下半期女性タレントCMギャラランキング』発表!!
女子アナ年収&潜在視聴率データ流出! 1位はやっぱりあのアナだった!?
注目ワード
【キーワード】
ウーマン・オブ・ザ・イヤー 福島理恵子 大石亜紀子 清水季子 映画 中国 北海道 注目 時代 社長 発売 料理 取締役 女性
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau