ドラマの制作費&ギャラを一挙大公開! 高額ギャラを貰っているのはアノ人
(06/05)

生活に欠かせない娯楽と言えばテレビ番組。
しかし近年のインターネットの普及などにより視聴者のテレビ離れは急速に進み、それに伴いスポンサー離れも深刻化の一途を辿っている。
スポンサーが付かなければ経費を削減するしかないというわけで、各テレビ局は番組制作費や出演者のギャラを限界まで下げ続けているという。
『ブレイブマックス』が報じている。

たとえば昨年、福山雅治(ふくやままさはる=42)主演で大きな話題を呼んだNHKの大河ドラマ『龍馬伝』。
制作費は約6000万円で、主演・福山のギャラは1話で約50万円だったという。
1年間拘束されながらの撮影で民放の3分の1、4分の1とも言われる安いギャラでも俳優陣が出演OKするのは大河ドラマという強いブランド力があってのことであろう。

一方民放ドラマの標準的な制作費は1500〜2000万円だが、フジテレビの月9枠だけは別格。
月9枠の制作費は約5000万円もかけているだけに、昨今の低視聴率続きはかなり痛いところ。

昨年4月期の月9ドラマ『月の恋人〜MoonLovers〜』で主演を務めた木村拓哉(きむらたくや=38)のギャラは1話当たり300万円。
平均視聴率は16.8%と月9&キムタク主演としては信じられないほどの低視聴率であったが、数字に応じてギャラが変わるわけではないのだから出演者にとっては痛くも痒くもない。

木村は今年10月期のTBSドラマ『南極大陸(仮)』にも主演が決まっている。
同作は開局60周年記念ドラマとして10億円の予算を見込んでいるというから驚きだ。
主演の木村も気合十分で南極ロケも予定しているというから、ギャラ以上にロケ費用がかなりかかることが予想される。

「CM女王」上戸彩(うえとあや=25)もドラマでは数字が取れず、主演した『流れ星』『婚カツ!』はいずれも低視聴率。
彼女のギャラは180万円程度だという。

現在、香取慎吾(かとりしんご=34)主演で放送中の『幸せになろうよ』の黒木メイサ(くろきめいさ=23)と前クールの『大切なことはすべて君が教えてくれた』の戸田恵梨香(とだえりか=)は150万円程度だとか。

ちなみに今クールで一番人気と言われるドラマ『JIN-仁-』(TBS系)は月9と同レベルの制作費5000万円。
主演の大沢たかお(おおさわたかお=43)のギャラは250万円、綾瀬はるか(あやせはるか=23)も200万円と言われているが、高額な制作費を用意するだけの気の入れようが功を奏したのか、視聴率も人気も上々である。

視聴者からしてみれば、制作費の多寡に関わらず内容が面白ければ見続けたいと思うものだが…。(高橋)


関連ニュース
木村拓哉がライブツアー開催も、たった2箇所! 色々勘違いしてて失笑!
「グランメゾン東京」 再放送ドラマの視聴率も下回る惨敗ぶり! 木村拓哉オワコン!?
「キムタクは真の大物」 サンドウィッチマンが明かす彼の素顔!
木村拓哉がまた天才役で主演に! どうせ毎回キムタク、とウンザリの声!
木村拓哉出演ドラマのヒロインが見つからない!? 大物女優から拒否続く?
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
木村拓哉
【キーワード】
制作費 ギャラ 視聴率 南極大陸 幸せになろうよ 木村拓哉の子供
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau