ワガママ俳優・織田裕二がまさかの豹変! 隠し続けたを関係者に紹介したワケとは!?
(06/03)

今月25日に公開される俳優・織田裕二(おだゆうじ=43)の主演映画『アンダルシア 女神の報酬』。
1月期に放送されたドラマ『外交官 黒田康作』(フジテレビ系)の続編となる同作だが、早くもヒットが疑問視されている。

その理由は、『外交官 黒田康作』の視聴率。
主演の織田をはじめ、柴咲コウや香川照之、草刈民代など豪華な出演者を揃えたが、全10話の平均視聴率は10.1%。
さらにドラマの内容に対し、メキシコ大使館から抗議を受けるというトラブルまで発生してしまった。

こうした前評判を受け、織田はこれまで"わがまま""横暴"などと報じられてきた態度を一新。
ヒットに向けて気合いを見せているという。
『東京スポーツ』が報じている。

「印象的だったのは、撮影の合間に今回初共演した伊藤英明さんが主演した映画『THE LAST MESSAGE 海猿』の撮影秘話を、織田さんが熱心に聞いていました。彼が年下の役者の話に静かに耳を傾ける姿は、今までにあまりなかった光景です」(映画関係者:東京スポーツ)

『THE LAST MESSAGE 海猿』といえば、興行収入80.4億円を記録し、2010年公開の邦画実写映画で興行成績1位に輝いた大ヒット作。
『アンダルシア 女神の報酬』の前編ともいえる映画『アマルフィ 女神の報酬』は興行収入36.5億円だっただけに、織田がアドバイスをもらいたくなるのも無理はないだろう。

ヒットのために貪欲な姿勢を見せている織田だが、一方では弱気な姿も目撃されているという。

「私がレストランで食事をしていたら、織田さんと奥さんが下りてきたんです。ふたりは食事をすませて、バーフロアで飲んでいたみたいですね。織田さんは照れながら女房ですと紹介してくれました」(ドラマ関係者:同)

昨年8月の結婚以来、妻についての情報をほとんど公表していない織田。
ある映画関係者の、
「新婚当時の彼は、妻の存在を徹底的に隠してきました。スタッフや共演者でさえ秘密にしていました」(映画関係者:同)
という証言からも、織田の徹底したガードぶりが伺える。

そんな彼が、突然ドラマ関係者に妻を紹介。
関係者の間では、妻を使った売り込み営業という見方が強いのだという。

まるで映画が"コケる"ことを前提としているような織田の行動。
主演俳優がこれでは、前作の興行収入を越えることは難しいかもしれない。(伊原)


関連ニュース
織田裕二と坂上忍が共演NG! 度重なる呼び捨てで険悪ムードに!
「東京ラブストーリー」が待望の再放送! 当時30%超えドラマ、現在の注目度は?
織田裕二、主演ドラマが視聴率3%台! ゴールデン帯大爆死でもう主演は無理!?
織田裕二のパクリ演技を隠すTBSの秘策!? スタッフからの評判最悪!
織田裕二が「相棒」の杉下右京を丸パクリ!? 演技が不自然すぎると話題に!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
織田裕二
【キーワード】
草刈民代 織田裕二 興行収入 アンダルシア女神の報酬 伊藤英明 野田舞衣子 海猿 劇場版海猿 OTV海猿試写会 織田ゆうじ 織田裕司
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau