「金曜ロードショー」がジブリ映画を何度も再放送する本当の理由!

日本テレビ系で毎週金曜日21時から放送されている「金曜ロードショー」。週末の夜とあって、毎回高視聴率を記録する枠であり、新作映画から懐かしい旧作まで、幅広い作品が週毎にOAされる。
途中CMを挟むとはいえ、人気作が無料で観れる数少ない番組だけに、映画ファンから熱い支持を得ているのだが、同枠ではこれまで幾度となくジブリ映画が放送されてきた。

2017年8月時点で、『風の谷のナウシカ』が通算17回、『天空の城ラピュタ』と『となりのトトロ』が15回。少なくとも2年に1度は放送されているペースだ。大人から小さい子供まで幅広いファン層を持つジブリシリーズなので、再放送でも視聴率が取れるのは流石。しかしながら、『東洋経済オンライン』によれば、ジブリ映画を何度も再放送する理由は他にあるという。

「日本テレビはほとんどの季節で、TBSの金曜ドラマ第1話放送日に合わせてジブリ映画を放送してきました。『1話を見てもらえないと、その後の継続視聴が厳しく、約2ヶ月半もの間、低迷し続ける』他局の連ドラにとっては、嫌がらせのような戦略です」(引用:東洋経済オンライン)

実際、7月期ドラマにおいても、TBS系『ハロー張りネズミ』の初回OA、7月14日に日本テレビ系は『思い出のマーニー』を放送。その前週も『借りぐらしのアリエッティ』をOAし、"二週連続ジブリ映画"を大々的に宣伝していた。同様の現象は、日本テレビ系の土曜ドラマ枠に対し、フジテレビ等が映画特番をOAするなど、いくつもある。

他にも、「興行収入が振るわなかったものを放送しても見てもらえないし、新作は録画される可能性も高いから、視聴率を取りやすい人気シリーズを再放送したほうがいい」「固定ファンの多いジブリ映画や人気シリーズをたたきにくい」など、複数の要素が合わさって、テレビ局はジブリ映画といった無難な選択をせざるを得ないと同誌では説明している。

DVDや動画配信サービスでも視聴可能な過去作品より、テレビ局のオリジナル作品に期待したいが、現状では難しいのかもしれない。(船越)


関連ニュース
「ワイルド・スピード」地上波初放送が炎上! エンディングを意図的にカットの謎!
唐沢寿明&窪田正孝の「ラストコップ」、視聴率悲惨なのに映画化決定に疑問!
能年玲奈を地上波で観れる最後のチャンス!? アノ番組の放送が決定!
ジブリの大ヒット作「崖の上のポニョ」が当面放送禁止! その裏事情とは?
視聴率1ケタ台に急降下! 「太田総理」が退陣
注目ワード
【キーワード】
金曜ロードショー ジブリ 映画 再放送 ドラマ
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau