フェンシング日本代表が助成金悪用して豪遊!? 合宿と称して遊びまくり!
(07/02)

フェンシング・エペの日本代表チームが、日本オリンピック委員会(JOC)からの助成金を受け取る予定だった合宿で、練習とは関係ないレジャーを満喫していたことが判明した。JOCから費用を補助してもらって遊んでいたとすれば大問題だ。『週刊文春』が報じた。

合宿は6月18日〜25日に沖縄の恩納村と那覇市で行われた。同誌が入手した資料によると、男子エペ団体メンバーの山田優、見延和靖、加納虹輝を筆頭に、関係者やコーチ、家族など合計30名程度が参加。
合宿の参加者1人当たりの費用は約15万円。その3分の2、約10万円が助成金として補助される予定となっていた。
東京五輪出場メンバーの他、JOC次世代アスリート育成強化事業の若手選手が7名、計11名の選手が参加したので、助成金の総額は約110万円になる。

合宿は、午前と午後に各種トレーニングを行い、1日だけオフと予定表には記載されていたのだが、実際は午前中に一応練習した後、午後からはバナナボートやシュノーケリングなどのマリンアクティビティー、さらには沖縄の観光にも繰り出しており、とてもフェンシングに関連する練習とは言えない内容ばかり。ビーチで笑顔を見せる選手たちは、この為に沖縄県に来たのではと思わせるほどレジャーを満喫していた。

さらに、女子フルーレのトレーニングコーチである西岡詩穂が合宿に参加。ホテルのプールで山田優が水着姿の西岡詩穂からサンオイルを塗ってもらう光景や、お互いの部屋を行き来する姿も目撃された。
両者は過去に交際しており、現在も親しい間柄。山田優は既婚者だが、妻の目を盗んで、元カノとの一時を楽しんだ模様。助成金を利用してこれだけ沖縄県を謳歌できれば、自然と笑顔もこぼれるだろう。

日本フェンシング協会会長に就任している武井壮は、ツイッターにて、「ふう、さすがにもう守りきれん。。」と怒りをこみ上げているかのようなツイートを投稿。騒動について詳しくは言及していない。(船越)


関連ニュース
小林武史がミスチルと決別! 売上を自身の赤字補填に悪用、農業にハマりすぎ!
NHK大相撲中継中止!? ヤクザの映像悪用も問題に
注目ワード
【キーワード】
フェンシング 日本代表 山田優 西岡詩穂 炎上 沖縄県 関係 日本 費用 満喫 笑顔 予定 練習 参加 山田
【ニュースカテゴリ】
不祥事
出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau