「東京タワー」がまさかの5冠達成!! 日本アカデミー賞授賞式
(02/16)

第31回日本アカデミー賞授賞式が15日、東京都内のホテルで開かれ、最優秀作品賞に「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(松岡錠司監督)が選ばれた。

「毎日新聞」などによると、「東京タワー」は、最優秀作品賞のほかに監督賞、樹木希林(きききりん=65)の主演女優賞、小林薫(こばやしかおる=56)の助演男優賞、松尾スズキ(まつおすずき=45)の脚本賞の5冠を達成。

松岡監督は「本当ですよね」、小林さんも「ありえない。(大穴で優勝した)有馬記念のマツリダゴッホだよ」、主演のオダギリジョー(おだぎり・じょー=31)も「違う作品を予想していたので、びっくりしました」と予想外の受賞に驚いていた。

同賞は、06年12月2日〜07年11月30日までに東京地区の映画館で公開された40分以上の作品を対象に、4319人の協会員の投票によって決まる。

最優秀主演男優賞は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」で小説家・茶川を演じた吉岡秀隆(よしおかひでたか=37)が受賞。吉岡は06年にも同じ役で同賞を受賞している。

本命視されたオダギリは、目の下にクマを入れた“具合が悪そうな”メークで登場し、「リアルに胃が痛くて……。それでも来たということを分かってもらえるように(このメークを)して来ました。主演男優賞を取れなかったのはこういうことをしているからかな」とおどけていた。

他の映画賞を総なめにし、下馬評では最優秀作品賞候補だった「それでもボクはやってない」(周防正行監督)はもたいまさこ(55)の最優秀助演女優賞など3冠に止まった。

ラジオ番組「オールナイトニッポン」のリスナー投票で選出される話題賞の俳優部門は新垣結衣(あらがきゆい=19)、作品部門は「キサラギ」(佐藤祐市監督)が受賞。

新垣は「この作品をやるときに、周りがイメージしている原作の女の子になれるのか、みんなの期待に添える映画になるのか不安でしたが、たくさんの方に見ていただけてうれしいです」と緊張気味に喜びを語った。

<第31回日本アカデミー賞 主要賞の最優秀賞>
●作品賞=「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
●監督賞=松岡錠司「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
●主演男優賞=吉岡秀隆「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
●主演女優賞=樹木希林「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
●助演男優賞=小林薫「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
●助演女優賞=もたいまさこ「それでもボクはやってない」
●外国作品賞=「硫黄島からの手紙」
●アニメ作品賞=「鉄コン筋クリート」

さて、あなたはこの受賞作をどう思う?(松野)


関連ニュース
俳優・小林薫が21歳下の女優と結婚。58歳にしてパパに!!
小林薫がボヤき!? テレビ局予算削減事情の真相!!
注目ワード
【人物】
小林薫
【キーワード】
日本アカデミー賞 東京タワー 小林薫 それでもボクはやってない リリー・フランキー 東京 樹木希林 女優 映画 アカデミー賞 助演男優賞 アカデミー 小林 松岡 吉岡秀隆
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau