カーネーション」のヒロイン交代に批判殺到!? 「尾野真千子出演シーン増やして」
(03/12)

回を重ねるごとに評価を上げ、今年に入ってからは視聴率20%超えが続いている朝の連続テレビ小説『カーネーション』(NHK)。
今月31日の最終回に向けて、さらに盛り上げていきたいところだが、ここにきてNHKにはクレームが殺到しているという。
『日刊ゲンダイ』が報じている。

同紙によると、クレームが寄せられるようになったのは今月3日以降。
つまり、主人公・小原糸子役が尾野真千子(おのまちこ=30)から夏木マリ(なつきまり=59)へバトンタッチされた直後からだ。

「まず『なぜ尾野が出演しないのか?』『尾野が演じる糸子の回想シーンを増やして』といった尾野を惜しむ声。
いきなり12年後という時代設定にも違和感を持たれているようで、『物語が、興味がないおばあちゃんと孫娘との子育て日記に変わった』『夏木は実年齢に近いとはいえ今までとギャップがあり過ぎる』『岸和田弁がヘン』と主役の夏木の演技や、脚本に苦言を呈するものまで数多く寄せられているそうです」(NHK関係者:日刊ゲンダイ)

尾野は女学生時代の14歳から晩年の60歳までという幅広い年齢の糸子を熱演。
高い演技力と流暢な岸和田弁で糸子というキャラクターを作り上げ、作品の人気を支えてきた。

それだけに、ヒロイン交代にはNHK局内でも意見が分かれたとのこと。
そもそも長い朝ドラの歴史の中で、子役を除くヒロインの交代は1983年の『おしん』や1999年の『すずらん』など数例あるが、放送開始後に新たなヒロインが発表されるのは異例。
NHK側は、
「放送開始頃から夏木さんにオファーしていた」(引用:日刊ゲンダイ)
と強調しているが、尾野本人にヒロイン交代を伝えたのは昨年末とも言われており、局内の混乱ぶりが伺える。

では、なぜNHKは反対意見を切り捨ててまで、夏木の起用に踏み切ったのだろうか。

「夏木の抜擢は、主人公のモデルとなった小篠綾子と夏木がプライベートで親友だったからともっぱら。
また、尾野は共演する娘3姉妹の新山千春、川崎亜沙美、安田美沙子と同世代。
尾野が晩年を演じるとコメディーになってしまうと危惧したこともあるようです」(関係者:同)

なお、夏木版『カーネーション』の視聴率は5日が21.3%、6日が20.1%。
これまでとさほど変わらないように思えるが、様子見という可能性もある。
最終回に向けて視聴率が下がってくるようであれば、尾野のサプライズ出演もありえるか。(伊原)


関連ニュース
夏木マリがなんちゃって女優達に激怒!? 「1本出たぐらいで・・・」
尾野真千子、LDH副社長と離婚で再び肉食女子へ!? 入籍前は堂々と二股!
尾野真千子が渋谷の元チーマー男と入籍! ほっしゃんはポイ捨て!
尾野真千子、テレビ番組で大嘘ついた! 彼氏への下半身チェックの真相!
「極悪がんぼ」が月9最低視聴率を更新! 尾野真千子の黒歴史に!
注目ワード
【人物】
尾野真千子 | 夏木マリ
【キーワード】
尾野真千子 夏木マリ カーネーション ヒロイン交代 NHK 視聴 出演 関係者 演技 最終回 放送 子役 関係 糸子 年齢
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau