吉岡里帆主演映画が大爆死! 人気ぶりが嘘のような閑古鳥!
(10/21)

女優・吉岡里帆と俳優・阿部サダヲのW主演映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』が10月12日より公開となったが、興行収入が悲惨な状態となっていると『アサ芸プラス』が報じた。

同作は、吉岡里帆がストリートミュージシャン、阿部サダヲがロックンローラーを演じた物語。タイトルは、彼女が演じる女性歌手の声が小さすぎて、阿部サダヲ演じる熱血歌手が発した言葉である。
次第に二人はタッグを組んで売れていこうと奮闘するが、実はロックンローラーは声帯ドーピングを施しており、喉への負担が限界に達しようとしていた。そんな状況で、様々なドラマが巻き起こる展開だ。

キャスト達が多くのメディアに番宣として登場、映画のプロモーションはバッチリのはずだが、公開初週の「週末興行ランキング」はTOP10圏外の12位。
同ランキング2位だった黒木華主演の『日日是好日』でも興行収入は約9,500万円と高くない。『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』は約3,000万円とかなり厳しい数字となった。

全国214のスクリーンで公開されているが、「席がガラガラすぎて辛い」といったレビューが上がっており、公開初週から閑古鳥が鳴いている。コメディ要素が強い作品ではあるが、吉岡里帆は現在CMやドラマに引っ張りだこの人気女優。その彼女を起用してこの結果だと、もはや吉岡里帆の潜在人気がでっち上げられたものなのかと勘ぐりたくなる。

ぶりっ子っぽいキャラクターが災いして女性のアンチも増えているだけに、女優としての演技力や実力を向上させないと、この先仕事は下降線を辿るかもしれない。(船越)


関連ニュース
吉岡里帆、ドラマは爆死でもグラビアの需要は凄い! 異例の80ページ特集も!
吉岡里帆の持論が波紋! 「グラビアはハンデを背負う」「脱いでた人の演技って思われる」
吉岡里帆が佐藤健の自宅でお泊りSEX!? すっぴんに濡れ髪で密会!
吉岡里帆のブリッ子キャラに女性達から反感の声殺到! 「全てがあざとい」
吉岡里帆、「母親の顔面くまなくキス」 衝撃のエピソードに驚愕!
注目ワード
【人物】
吉岡里帆
【キーワード】
吉岡里帆 映画 音量を上げろタコ なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ 興行収入 女性 女優 歌手 人気 収入 興行 主演 彼女
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau