米津玄師が公の場に登場するも異例の通達! 全メディア同じ写真しか使えない!?
(11/02)

菅田将暉をゲストに迎えたコラボ曲『灰色と青』や、アニメ主題歌に起用された『ピースサイン』など、ヒット曲を連発し今最も注目を集めているシンガーソングライターの米津玄師が、『東京ドラマアワード』に壇上に登場した。

TBS系ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として発売された同曲は、「オリコンダウンロードランキング」で10週連続1位を記録するなど、自身最大のヒットとなった。一方で、メディアに殆ど登場しない歌手として知られており、こういった授賞式に姿を見せるのは非常に稀だ。それだけに、どんな発言をするのか、マスコミも多数集まったが、異例の通達が出されていたようだ。

司会の石坂浩二から「こういう場所にはあまり出たくないんですか?」と訊かれると、「出たくないわけではないんですが、慣れていないので…光栄な賞をもらえたので出ようかなって」と、メディアに顔を出すのは恥ずかしいとコメント。
「個人的な側面で作ってしまったので、ドラマで流れることに即したものになるか不安があったんですけど、『アンナチュラル』が素晴らしいものになって」「自分の手の平の上からすぐ離れていって、ものすごく広い音楽になって。それはひとえにアンナチュラルチームのおかげだなです。感謝の気持ちでいっぱいです」と、『アンナチュラル』の制作陣に感謝の思いを伝えた。
ただし、「後はこういう場に出てくる機会も増えますか?」と尋ねられた時は、無言で苦笑いだった。

一つ気になるのは、米津玄師の受賞を伝えるニュースに掲載された画像が、どのメディアも同じだという点。通常、各媒体でカメラマンを配置し、異なる角度から撮影するので、メディア毎に使用画像は異なる。
一部報道によると、イベント開始前に、「米津玄師さんの映像・画像の取り扱いにつきましては、事務所サイドのご意向により、その場で撮影したものを一切使用してはならない」と書かれた通達書が配布されたそう。
多数の集ったマスコミは拍子抜け。無駄足となってしまい、致し方なく後ほど送付された画像を、どのメディアも一斉に使用。オリジナルの写真は全く見られない。

もし事実なら、今後もメディア出演はあまり見込めない。あえて親近感を出さず、謎めいた部分を残す戦略なのかもしれないが、現代のSNS全盛時代にそぐわないかも!?(船越)


関連ニュース
いきものがかりの吉岡聖恵がソロアルバム発売も、「勘違いしすぎ」と批判殺到!
RIP SLYMEが活動休止! SUの不倫騒動でグループ活動厳しい!
倖田來未が意外な交友関係告白! まるで女性に見える大物男性歌手って?
人気Youtuber・こばしりがGLAYボーカル・TERUの娘だった!?
安室奈美恵と山下智久は共演NGだった!? 引退ライブでコラボ実現も、過去には・・・
注目ワード
【人物】
米津玄師
【キーワード】
米津玄師 画像 東京ドラマアワード 嫌い ドラマ 主題歌 多数 主題 メディア ドラ 登場 使用
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau