「夢をかなえるゾウ」で、小栗旬と水川あさみがドラマ史上初の大胆なことを……!!
(09/09)

水野敬也のベストセラー小説「夢をかなえるゾウ」が女優、水川あさみ(みずかわあさみ=25)主演で日本テレビ系にて連続ドラマ化されることが明らかになっている。

同作は「2008年上半期オリコン“本”ランキングBOOK部門」1位に輝いた作家・水野敬也原作の同名ベストセラー小説(飛鳥新社刊)。

「へえー、また連ドラネタ? まあどうせ、『見逃せない』とかそういうオチで終わりでしょ?」と冷めた見方をしているアナタ!

今回は、リアルに「見逃せない!」ですよ。

というのも、今までの連ドラの常識をくつがえす、大胆な試みに挑むのだとか。

その大胆な試みとは、初回の直前に小栗旬(おぐりしゅん=25)主演の同名タイトルのスペシャルドラマを放送するというもの。

ん? 主演って水川あさみじゃなかったっけ?

混乱するのも無理はない。

つまり、同じ日に同じ原作&同タイトルで主演違いのスペシャル、連ドラが連動して放送するという試みなのだ。

もちろんこれはドラマ史上初の試み。

「新しく始まる枠。2時間スペシャルを放送した夜に連ドラが始まったら派手な花火になるかと考えました」と読売テレビ制作の田中壽一チーフプロデューサー。

ちなみに連動の仕方としては、小栗主演のスペシャル版の最後に水川が登場し、連ドラ版の第1回には小栗がゲスト出演しているなど内容をクロスオーバーさせている。

スペシャル版は、小栗演じるダメサラリーマン・野上耕平と奇妙なゾウの神様が織り成す物語を軽快なタッチで描きつつ、成功へのアプローチを説いた異色のコメディ。

連ドラ版は、女性を主人公に“幸せ”をテーマにオリジナルストーリーで、水川演じる主人公・あすかが自称超有名なゾウの神様ガネーシャと出会い、本当の幸せを学んでいくハートフルコメディーになっている。

あすかはキレると土佐弁が出る設定で、古田新太(ふるたあらた=42)がスペシャル&連ドラとも演じるガネーシャとの丁々発止のやりとりは見どころになりそうだ。

そして、もうひとつ注目したいのが、水川が連ドラ初主演だということ。

若手の中で実力派と言われつつ、ようやく檜舞台に舞い上がることになったのだ。

「スタッフやキャストの方たちとたくさんコミュニケーションをとって、良い作品を作りたいと思っています。あすかの成長をおもしろおかしく表情豊かに演じていきたい」とこのチャンスを逃がさない決意表明も飛び出ている。

劇中内での主人公の“バトンタッチ”で、もしかしたらこの手法が新たなドラマ人気への“バトンタッチ”になるのかもしれない。

どう、「見逃せない!」でしょ?

ドラマは10月2日スタート。(古田鉄寿)


関連ニュース
小栗旬は沢尻エリカの薬物使用を知っていた!? 過去の発言が話題に!
窪田正孝と水川あさみが結婚! 「面白い人生を歩める人に出会えた」
小栗旬が山田優にサイテー発言! 小物ぶり晒して友人も責めまくり!
水川あさみが後輩女優にキツすぎ!? あまりに失礼な態度に失望!
小栗旬が芸能事務所社長に就任!? 絶大な権力を持ち始める!?
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
小栗旬 | 水川あさみ
【キーワード】
夢をかなえるゾウ 小栗旬 水川あさみ ドラマ 小栗 大胆 主演 放送 小説 水野敬也
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau